横浜で葬儀式場をお探しなら「葬儀の板橋」/ほうさい殿(奉斎殿)

年忌法要

 四十九日の忌明けで故人は仏となり、その後は年忌法要を営みます。
 年忌法要は、故人の冥福を祈るとともに、身内や親しい方に遺族のその後の姿を見届けてもらうという意味もあります。
 故人の祥月命日(しょうつきめいにち・故人が亡くなった月日)のうち、定められた年に営まれますが、当日都合がつかない場合は事前に営むのが一般的です。

 

百か日(ひゃっかにち
  故人が亡くなってから百日目に迎える法要です。百か日法要は、四十九日の裁きで故人が悪世界に落ちた場合でも、百日目に再度審判があるので、そのために追善供養するという考えからきています。身内や親しい方を招いて行いますが、施主は僧侶に対し読経のお礼とするお布施のほかに、納骨が済んでいる場合は、墓地の無縁仏を供養する「施餓鬼会(せがきえ)」の御施餓鬼料なども用意します。

 

新盆(にいぼん)
  故人が亡くなってから初めて迎えるお盆のことを新盆(にいぼん)または初盆(はつぼん)と言います。盆棚(ぼんだな/精霊棚(しょうりょうだな))や盆提灯を用意し身内や親しい方を招いて僧侶に読経してもらいます。 ※四十九日前にお盆を迎えた場合は、翌年が新盆となります

 

一周忌(いっしゅうき)
  故人が亡くなってから満一年目の祥月命日に営む法要です。身内や親しい方を招き、僧侶の読経、法話などを受け会食します。一周忌法要は百か日法要と同じく審判があるので追善供養のために行われます。

 

三回忌(さんかいき)
  故人が亡くなってから満二年目の法要です。亡くなったときに「一回」と数えますので三年目ではなく二年目が三回目の法要となります。三回忌法要は百か日法要・一周忌法要と同じく審判があるので追善供養のために行われます。一般的には三回忌まで親類縁者を招きますが、それ以降はごく身近な人たちで小規模に営まれます。

三回忌以降の年忌法要

 

七回忌(没後6年目)・十三回忌(没後12年目)・十七回忌(没後16年目)・二十三回忌(没後22年目)・二十七回忌(没後26年目)・三十三回忌(没後32年目)・三十七回忌(没後36年目)・四十三回忌(没後42年目)・四十七回忌(没後46年目)・五十回忌(没後49年目)
※地域によっては二十三回忌と二十七回忌を合わせて二十五回忌として営む場合もあります


〜以後50年ごとに百回忌(没後99年目)・百五十回忌(没後149年目)…と営みますが、一般的には三十三回忌で弔い上げ(とむらいあげ・といあげ)として打ち切る場合が多いようです。

 

 

 

トップページへ戻る